乳がんの予防講座

セルフチェックが一番重要

初期の乳がんはこれといった症状が現れにくい病気です。
乳がんの早期発見には、定期的に健診を受けることが必要ですが、何よりも月に1回のセルフチェックがもっとも大切になります。
月に1回のセルフチェックの習慣を身につけ、継続して行うことで、普段とは違う乳房の変化に気づくことができます。

20人に1人が乳がんです

日本人女性が最もかかりやすいのは乳がんです。その割合は20人に1人。決して他人事ではない病気です。

30代~40代女性が多い

乳がんにかかる女性が多いのは30代~40代です。ただ20代でも閉経後であっても発症することがあります。
身近な生活から予防をする事ができます。

早期であるほど治癒率は高く、乳がんを初期で発見できた人の90%が10年以上生存しています。乳がんは治る病気なのです。

出典:国立がん対策情報センター、国立がんセンター中央病院癌グループ

TOP > 乳がんの予防講座TOP > 乳癌の実態ご存知ですか